gonggamdae

かんこくご!

韓国語に関してまとめた韓国語特化型サイト

ばんばんざい 宵花火(よいはなび) 歌詞

ばんざいで手をふる君のもとへ

走り出した縁日の小道

夕立が過ぎた後の匂い 賑わい出した人の声と

遠くで聞こえる祭ばやし

 

このままどっか遠く 消えてしまいたいな

君がいた夏を思い出したんだ

懐かしい さみしい 苦しくて会いたい

もう叶わない

 

あの宵花火(よいはなび) 消える頃には

君のことを忘れられるのかな

まだ宵花火 消えないで 心がまだ

君のことを叫んでいる

 

綿菓子のように口で溶けて りんご飴のように色を残した

顔を伝う汗が季節を まぶたの裏側の時間を

忘れさせるように 張り付くのです

 

あのままどっか遠く 消えてしまいたかったな

君のいる夏のままで ああなんで

懐かしい さみしい 悲しくて温かい

もう 触れられない

 

あの宵花火 消える頃には

君のことを忘れられるのかな

まだ宵花火 消えないで 心がまだ

君のことを叫んでいる

 

心はずっと真夜中だ 始まりは線香花火だ

最初は小さな光で気にもとめなかった

気づけば夜を埋め尽くす

宵花火溢れたんだ

君のことが 君のことが

 

あの宵花火

 

あの宵花火 消える頃には

君のことを忘れられるのかな

まだ宵花火 消えないで 心はまだ

君がそこにいると思ってる